読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子力の権化セルフネイルへの挑戦−BLUE CROSSキューティクルリムーバー、ロクシタンのネイルオイルー

もっているもの

ネイルは女子力の権化だ、と思う。自分による自分のための武装。

女子力という言葉は、男性からの視点を内面化している感じがあって、あまり好きではないが、適切な言い換えが思いつかないので便利に使ってしまう。

個人的な印象だが、ネイルって「女子力高い」「男ウケ悪い」と言われがちなものだと思う。きっとちょっと検索したら、無地で落ち着いたピンクベージュならOK!なんてクソバイス記事がゴロゴロしてるんだろうな。

去年の年末に、5歳年下の妹と、その友人と食事をした。休日にも関わらず、仕事帰りだった新人SEの彼女はきちっとしたOLファッションとメイクをしていた。手元のネイルは鮮やかな青と黒のジェルネイルだった。

クリスマスを目前にした夜ということもあるのだろうか、東京タラレバ娘バイブルだという彼女は「彼氏が欲しい」「結婚したい」というようなことをしきりに話していた。私は、正直青と黒のネイルの女の子は一般的なモテとは遠い所にいるのではないか?と感じてしまった。そんなことを考える自分が嫌だと感じたし、それを直接言うわけもない。

後日妹から、その子は日替わりでセルフでジェルネイルをしていることを聞き、言わなくてよかったと心から安堵した。クリスマス前の休日出勤、仕事の後は友人と女子会、そんな日に自分のためにネイルをする女の子はとても格好良い、と感じた。

いいな、わたしもやりたい、と思った。

 

次にその子に会うときは、「結婚してて共働きで、でも女子会向けにネイルしてくるおねーさん」であれたらいいな、と思う。そうしたら今回は「こんな化粧っ気もないデブスが言っても仕方ねえだろ」と飲み込んだ、それでも5年間は長く生きてきた立場として、伝えてあげたかったことが、少しは言えるんじゃないか、と思う。

 

BLUE CROSSブルークロス キューティクルリムーバー

 

購入済/未使用

いいなー私も爪をかわいくしたい!と思ってまずやることがケアである。このあたり、そこそこ歳を取ったクソ理系女子っぽくて自分らしいな、と思う。まず何か塗ってみるのではなく、しっかりとした下地をつくりたくなるのだ。

これは甘皮処理をするための角質をやわらかくする薬品。結婚式等の都合で時折ネイルサロンにいくことがあるが、はじめのケアのときにお湯に指をつけるお店と、薬品を使うお店があることを思い出した。ネイルはしたいが、作業中は大好きなインターネットができない。継続しやすさを考えても、短時間になるに越したことはないだろう。そこでまずは甘皮処理のためのリムーバーとして、これを購入。なんでも、足の裏の角質除去にも使えるとか。

 

今週中には届くはずなので、使ったらレポします。楽しみ。

 

ロクシタン シア ネイルオイル

購入済/使用済/満足度★★★★☆

実はハンドクリームが好きで、こまめにつけている。荒れが気になるというよりは、手のマッサージと香りによるデスクワーク中の気分転換の効果が高いので。だからとくにブランドにこだわりがあるわけではないが、以前の上司がヨーロッパ出張のお土産にロクシタンをばら撒く人だったので、ロクシタン製品をよく使っている。(パリでのトランジットが多いのでフランス製のロクシタンは驚くほどお安く手にはいるそうだ)

このネイルオイルは女性の友人へのちょっとした贈り物用によく使っていたが、初めて自分用に購入した。先端が筆のようになっていて、オイルを指先にちょんちょんのせてくるくる塗り込んでいると、1〜2分間ぼーっとできて悪くない。先述のキューティクルリムーバーは乾燥のリスクが高そうなので、先手を打って習慣づけておきたい。

「いま私女子特有の行動やってるな」と思うとテンションが上がる。そしてこれまで、テンションが上がっていることを「似合わない」「向いてない」と意識的に無視して生きてきた…。ネイルなんてその最たるもの。今度女友達と会うときには、楽しく準備して行こうと思う。

 

もちろん「デブスがネイルだけ拘ってるの痛々しいのでは」と思う自分も居る。

いずれ痩せるし、ブスはごまかせるようになるつもりでいるので、その時になってネイルが下手なのと慣れてるのとでは慣れてた方が完成度の高い普通の人に近づけるはずなので、これでいいのだ。いいんだ。(と自分に言い聞かせる)

 

さてさて、ネイルは奥深くこの先エナメルだジェルだ単色だアートだ無限の分岐をしていきます。調べるのがとても楽しい。

私には夢があって、perfumeのライブにperfumeっぽいデザインのセルフネイルをしていくというもの。直線的なモチーフが多いので、マスキングテープなどを駆使すれば不器用でもなんとかなるのでは。今年になるか来年になるかわからないけど、やってみたいと思っています。